7月30日、奥入瀬渓流開通

  • 2008.07.28 Monday
  • 10:09
待ちに待った、奥入瀬渓流の開通が7月30日、午前9時と決まりました。
関係者様の迅速な対応に、心より感謝致します。
十和田湖は何も被害は無かったとはいえ、 十和田湖と奥入瀬渓流は、旅行日程を組む上でも、切り離しては考えられないコースですので、通行止めの解除は十和田湖畔住民にとって、大変喜ばしい事です。
多くのお客様に大変迷惑をかけてしまいましたが、また元気な十和田湖が戻ってきそうです。
 先日、下見に行った湧き水の名前が判明いたしました。
「神の水」との事。この名前聞いたとたん、岩崎、小丹波の態度がガラリと変わり、今では、おいしい水をお客様に飲んで頂きたく、交代で水汲みに行っております。
ホテルの水のほうが旨い(勿論、十和田湖の水は美味しのですが)と言った小丹波は、深層水の味と同じだと、今ではすっかり信者になってしまいました。
やはり、神の力は大きいようですね。
今度、水を汲んでいる小丹波を写真で紹介したいと思っております。
 

マリンブルーに続く道

  • 2008.07.25 Friday
  • 11:29
桂が浜公園は秋田県と青森県の県境に位置し、散歩コースにお勧めの場所です。
両県にかかる両国橋を渡りますと、
ボートハウス「マリンブルー」が見えます。
今日は少し曇っておりますが、心地よい風が通りすぎ、
景色もさることながら、この風も、旅人にはご馳走ではないでしょうか?
マリンブルー桟橋の椅子に腰を下ろし、ワインでも傾けながら
夕日を眺め、時の流れをお楽しみください。
 今日現在、奥入瀬渓流の崖崩れの状況は、急ピッチで作業が
進められており、7月30日には開通の見込みです。
十和田湖においで頂きますと、遊覧船、十和田神社、
そしてマリンブルーでの一時など、楽しみが一杯の十和田湖です。

マリンブルー桟橋

ワンワンと鳴く蛙がいたなんて

  • 2008.06.23 Monday
  • 20:13
先日娘に、十和田神社の御手洗場(体を清める場所)に、ワンワンと鳴く蛙が住み着いていると聞き、いてもたってもいられず石川と二人で行って来ました。
現場に着きますと、確かに「ゲロゲロ」ではなく、「ワンワン」の大合唱です。
神社の身を清める場所に住み着いたありがたい蛙は、これからも5、6月は、参拝者の方々の人気者(?)になるのではと思っております。
一説には、りゅうの鳴き声にも聞こえるとか・・・。
神社に、お礼の参拝をして帰って来ましたが、二人ともお金を持って行かなかった為、さすがにお願い事はできなかったわけで・・・。

十和田湖冬物語 特別プランをご用意しました。

  • 2007.02.02 Friday
  • 11:42
ご無沙汰しておりました。日記をオヤスミさせていただいているうちに2月になってしまいました。

さて、十和田湖の2月と言えば「十和田湖冬物語」です。
期間中は毎日打ち上げられる「冬花火」や、津軽三味線ライブ、遊覧船や乙女の像のライトアップなど、他の時期では見れない「特別な十和田湖」をたっぷり楽しんでいただけるイベントです。
詳しくはイベントのチラシ(PDF)ファイルをご覧下さい。

十和田湖レークサイドホテルでは、たくさんの方にこのイベントを楽しんでいただきたく、期間中の特別プランをご用意いたしました。

期間:2月1日〜2月25日
料金:平日 お一人様 1泊2食付 8,900円(サービス料・税金込)
    休前日 お一人様 1泊2食付 12,900円(サービス料・税金込)
内容:和室・または洋室利用 2名様以上での受付となります。

特典:イベント会場にて 杉樽露天風呂入浴(水着貸出サービス)、足湯船、雪上車体験、を全てサービス。奥入瀬缶コーヒープレゼント

さらに、お一人様2,000円にて、冬季閉鎖中の観湖台への雪上車での展望ツアーをご用意いたしました。(5名様以上で催行となります。)この期間だけの絶景をお楽しみ下さい。

ご予約・お問い合わせは
0176-75-2336 までお気軽にどうぞ




十和田湖雪物語チラシはここをクリック

もうすぐ湖水祭りです

  • 2006.07.02 Sunday
  • 22:31
 日中は少し蒸し暑くなりますが、朝晩はまだまだ涼しい十和田湖です。
7月14・15・16・17日の四日間は、夏の最大イベント「十和田湖湖水祭り」です。湖上から打ち上げられる花火は夜空に花開き、夏の祭典にふさわしい豪華な幕開けとなります。
多くのお客様においで頂き、十和田湖の夏を楽しんで頂きたいと思っております。

リゾート気分

  • 2006.06.03 Saturday
  • 23:48
 最高のお天気になりました。
私どもの社長が、十和田湖の旅館、ホテルの社長さん達と一緒にアドベンチャー号で遊覧している時、陸から観光客の方々が手を振り、シャッターを押していたそうです。某ホテルの社長さんが飲んでいたワイングラスを高々上げ挨拶を返すと歓声が上がったとの事。
社長が少し興奮気味に、「これが本当のリゾートなんだよ、今度は石橋君に鮨を握ってもらい、食べながら走りたいものだ」。私が「エー!リゾートなら、ワインにフレンチかイタリアンが似合うでしょう」と言うと、ムッとした顔で「わかっている!」ですって。
私はもっと言ってやりたかった、「鮨食いねえ!」と。

我が社の社長は早起きです

  • 2006.05.30 Tuesday
  • 23:56
 今日は雨交じりのお天気でした。
早朝、和船の「朝靄コース」の予約が入り、石橋休暇の為、社長が船頭で出航。ひんやりとした朝靄の中、「開運丸」がホテルの前を滑るように走って行くのが見えました。
社長は早起きなので助かります。

十和田湖の夕陽は格別です

  • 2006.05.17 Wednesday
  • 23:08
 お天気が良くチョッと汗ばむ一日でした。
橘が事務室に顔おを出し、「綺麗な夕陽ですよ」と教えてくれました。デジカメ持って湖へ一目散。お泊りのお客様達は岸辺で、只ウットリと眺めているだけです。
赤と光のかもし出す陰影が一体化すると、そこには極上のひと時が待っていたのでした。
良く写っていますように・・・。

十和田・奥入瀬の新緑は格別です

  • 2006.05.15 Monday
  • 23:33
 新緑のトンネルの中に吸い込まれそうな奥入瀬渓流です。萌黄色の奥入瀬渓流は格別で、運転中に緑と同化したような錯覚に陥り、ハンドルを握りなおす事がしばしばです。
木漏れ日の中を歩いて良し、旬の山菜を食して良し、夕日の十和田湖を眺めて良し、やはり今が格別のようですね。

鏡のような湖

  • 2006.05.09 Tuesday
  • 23:15


 最高のお天気になりました。
山頂にまだ雪の残る外輪山が湖面に映り、その様子は絵葉書のように美しく、つかの間の安らぎ与えてくれます。
このお天気が一週間続きますように。

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM